横になった女性

秋冬の肌ケアは乾燥肌の場合は特に気をつけなくてはいけません。
皮脂で肌を守る機能が若干弱くなっている状態で、周囲が乾燥しているので春夏の肌ケアのままだと肌の水分が奪い取られて行く事が多いからなのです。
肌ケアの中では水分を逃がさない事、水分を与える事、水分を保たせる事がとても大切です。
そのために化粧水でしっかり水分補給することが大切になるのですが、秋冬は洗顔剤にも気を配りましょう。
汚れをしっかりと落としつつ皮脂や肌の水分を奪いすぎない保湿タイプのフェイスウォッシュ剤やクレンジング剤を使いましょう。
手指でこすり過ぎて摩擦のせいで水分が奪われる事があるので、洗う時にこすり過ぎないようにしましょう。
使うお湯も熱すぎると水分が余計に出てしまうので、汚れを落とす場合にはぬるま湯でしっかりと洗いましょう。

水分はそのまま

顔を洗う時は水分を逃がさないで、その後の化粧水をはじめとした肌ケアアイテムでしっかりと水分を与えてあげます。
顔を洗った後はすぐ化粧水で水分をたっぷりと与えます。
あらったばかりの肌は周囲が乾燥していると水分が空気中にどんどん奪われるので早く水分を与えてあげます。
その後は美容液やジェルで栄養分と水分を与えた後に乳液で油分の補給、クリームで水分を保たせた上で逃がさないように仕上げをします。
何時間かすると肌が乾燥した感じになった時は水分を補給した後には必ず油分で水分を逃がさないように仕上げをする事が大切です。
この仕上げの有無で肌ケアの保つ時間と肌のダメージが大きく変わります。
乾燥しやすい肌の場合はこのケアのサイクルが通常の人より短かいのでまめなチェックとケアが大切です。

ポイントがある

乾燥しがちな季節の場合は、このように通常よりなまめな回数の肌ケアと毎日の生活でも留意するポイントがいくつかあります。
化粧水での水分補給も大切ですが、肌に水分を保ち続けるのには油分も必要ですので充分な油分を与える事も忘れずに行いましょう。
肌ケアがまにあわなくなってくると乾燥のせいでかゆみや湿疹が出る事があります。
この時にはうかつに触ったり掻いたりしないようにしましょう。
皮膚科に受診をして、肌表面のダメージを軽減する対策をしてもらいます。
外用薬だけでも効果はすぐに出ますので、早い時期の受診とまめな投薬などの治療が肌を良い方向に向ける事になります。
なにも無い状態でも掻いてしまうと肌トラブルが起こりやすくなるので掻いたりという刺激は極力与えないようにしましょう。

オススメリンク

女性の横顔と手

生活について

乾燥の厳しい冬は肌のコンディションを保つのも大変です。
スキンケアだけではなく、普段の生活にも気をつけて乾燥肌にならないように防ぐのが大切です。
まず、室内が暖房などで乾燥している場合には、湿度を上げるように加湿器を使…Read more

女性とタオル

洗顔方法

冬は外気が乾燥していて、室内も暖房などが効いています。
とかく肌の乾燥を招きやすい季節なので、普通肌の人でも乾燥肌になってしまうことがあります。
肌が乾燥していると皮脂と水分の両方が少ない状態となり、見た目がかさかさし…Read more

OKサインの女性

生活を見直す

乾燥肌には保湿不足も関係していますが、普段の生活習慣も大きく影響しています。
生活習慣を見直すだけでも乾燥対策には有効なので、身近なところから改善していくのがおすすめです。
まず、冬は外が寒いため、屋内にいる時間が自然…Read more

悩む女性

乾燥肌を防ごう

冬になると、肌が粉を吹いたようになって乾燥してしまうという方もたくさんいらっしゃいます。
この粉の正体は古い角質です。
通常だと肌のターンオーバーが正常に行なわれていて、古い角質は気付かないうちに自然とはがれてしまいま…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031